公認会計士試験の難易度

公認会計士攻略ガイド※適切な試験対策で最短合格を実現

公認会計士試験は三大国家試験の一つに数えられる会計資格で一番難易度が高いと言われています。

公認会計士TOP > 公認会計士試験の難易度

「医師」や「弁護士」と並ぶ三大国家試験

公認会計士試験は、会計系最高峰の国家試験となっており、25年度は受験者数が13,224人中、合格者は1,178人でした。合格率は8.9%となっています。

このように合格率は一桁で、学生のうちから資格予備校に2~4年通って合格するのが平均となっており、1発合格する人は少ないです。

その中でこの合格率なので公認会計士試験の難しさがうかがい知れます。

公認会計士の知名度自体はそこまで高くないですが、「医師」や「弁護士」とともに三大国家試験と位置付けられています。

日商簿記1級との難易度の比較

日商簿記1級は簿記及び会計学、工業簿記、原価計算で構成されています。

公認会計士試験を勉強する上で、その範囲は網羅されているので、簿記1級を取得する人も少なくありません。

試験は簿記と会計学合わせて1時間半、工業簿記と原価計算合わせて1時間半という内容で行われます。

公認会計士の計算科目は時間的に全問題を解くことはほぼ不可能となっており、時間制約の中、取捨選択する情報処理能力も試されます。

一方、簿記1級はすべての問題を取りかかるだけの時間もあり、公認会計士受験者は時間内よりも早く終わったという意見も多いです。

簿記1級は時間内に終わらせることを前提に正確性を試される試験であり、公認会計士試験の方が情報処理能力も試される点で難しいといえます。

税理士試験との難易度の比較

公認会計士は一般的に税理士の上位資格と位置づけられていますが、試験自体の難易度はどうでしょう。

税理士試験では簿記論、財務諸表論、法人税法、所得税法、消費税法が公認会計士試験と重複しています。

業務上、対象としている会社の規模が違うことにより、簿記論と財務諸表論の試験傾向は違いますが、難易度はほぼ変わらないといえます。

しかし後述しますが、税理士受験者は科目に特化できるため、その分公認会計士試験のほうがレベルは高いです。

また公認会計士試験の租税法では法人税法、所得税法、消費税法が範囲となっていますが、税理士試験の法人税法、所得税法、消費税法の方が難易度はかなり高くなっています。

さすがに税務の専門家を決める試験なので税法は難しいです。

ただし、公認会計士試験は7科目をすべて勉強しないといけない点でバランス力も試される試験だといえます。

<<広告・PR欄>>

クレアール

クレアールの公式ホームページです。
http://www.crear-ac.co.jp/

資格の学校TAC

資格の学校TACの公式ホームページです。
http://www.tac-school.co.jp/

大原学園

大原学園の公式サイトです。
http://www.o-hara.ac.jp/

公認会計士攻略ガイド※適切な試験対策で最短合格を実現

ページトップへ戻る

相互リンク | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | お問い合わせ

Copyright (C) 公認会計士攻略ガイド※適切な試験対策で最短合格を実現 All Rights Reserved.