東京の会計士専門学校

公認会計士攻略ガイド※適切な予備校選び・試験対策で最短合格を実現

東京にある公認会計士のなかから評価の高い学校を紹介しています。

公認会計士TOP > 東京の会計士専門学校

東京の受験者の傾向

東京の公認会計士専門学校

公認会計士のメイン業務である監査業務は基本的に上場企業が対象となり、それが集中しているのが東京で、必然的に公認会計士受験者も東京に集中しています。

2013年度の受験者数は13,224人ですが、東京の受験者数は8,051人で全国の約61%にものぼり断トツに多く、合格者も1,178人中701人で全国の約59.5%にも及びます。

このように、受験者は東京に集中しているため様々な資格予備校も東京に教室が設けられていて、資格予備校や受講形態などの選択の幅は地方の受験生よりも多いです。

受験生が多いマンモス校のTACや大手の大原だけではなく、少人数制で一人一人に対応できるアットホームな中堅予備校も人気です。

おすすめランキング~東京編~

ランキング1位 クレアール
クレアール

クレアールは、東京・水道橋に校舎を持つ通信向けの公認会計士講座を開講している資格予備校です。オリジナルの非常識合格法によって最小限の学習量で合格が目指せます。忙しい社会人や大学生でも無理なく学べると評判で、また他校に比べて学費が安いのも人気の秘訣となっています。

特徴 詳細 公式HP
最低限の学習量で公認会計士になれる 詳細 公式HP
ランキング2位 TAC
TAC

TACは、公認会計士試験予備校の最大手であり、都市圏には複数の学校を開設しているため、通いやすいです。また、最大手のスケールメリットがあり、基本的にTACでの成績が本試験での順位と近似し、自分の立ち位置が把握できる点が優れています。

特徴 詳細 公式HP
合格実績も高く、受講生も多い人気の資格予備校 詳細 公式HP
ランキング3位 大原学園
大原学園

大原学園は、会計系の資格が強く、専任講師のほとんどが常駐しているので質問制度もばっちりです。また、毎年改定されるオリジナルテキストも定評があり、本試験で何回も的中させています。

特徴 詳細 公式HP
会計資格に強く、的中問題も多数 詳細 公式HP

東京は公認会計士試験合格後の就活にも便利

東京の会計士専門学校

東京は日本の首都であり経済の中心であるため、上場企業の本社が集中しています。

したがって、監査を必要とする企業数も多く、監査法人や会計事務所、コンサルティング会社など大小様々な企業から自分に理想の職場を見つけることが可能です。

一般企業でも公認会計士試験合格者の採用を募集している企業は東京が一番多く、豊富な選択肢と移動の手軽さから就職活動に便利なエリアとなっています。

公認会計士専門学校に限ったことではありませんが、優秀な講師陣は都会に集まる傾向があるため、質の高い学習が可能となります。

また、会計や経理関連のアルバイト・パートタイムの求人も多いので、実務と勉強の両立ができるのも東京ならではの魅力となっています。

地方で学習していると、どうしても合格後の就職活動が予算と日程との兼ね合いとなり、思うように行動できないケースが多々あります。

監査法人や会計事務所の見学会や説明会も活発に行われており、情報収集や勉強のモチベーションアップにもつながります

大学生や就業者は最寄りの公務員専門学校で対策する必要がありますが、勉強に専念しようと思っている人は東京も選択肢の1つとして候補に入れることをおすすめします。

公認会計士試験合格者は東京の大学が圧倒的に多い

公認会計士試験は3大国家試験の1つに数えられる難易度を誇っていることから、合格者の出身大学は名門大学が多くを占めています。

なかでも多いのが東京の大学者であり、東大や早慶などが多くの合格者を輩出しており、2016年の大学別合格者数では上位5大学は全て東京となっています。

東京の大学で合格者数が多いとメリットとしては、キャンパス近くに公認会計士専門学校が設置されていることです。

オフィス街やターミナル駅から離れているため、利用者は大学の学生がほとんどで快適に勉強しやすいメリットがあります。

また、通学に無駄な時間が発生しないので学校生活との両立も容易になるメリットがあります。

ちなみに公認会計士専門学校で実績の高いTACでは、早稲田校、日吉校、中大駅前校と主要駅以外にも合格者の多い大学近くに校舎を設置しています。

2016年公認会計士試験の大学別合格者数
1位 東京 慶応義塾大学 139名
2位 東京 早稲田大学 96名
2位 東京 中央大学 96名
4位 東京 明治大学 72名
5位 東京 東京大学 36名

慶應義塾大学が公認会計士試験に強いのは最近の話ではなく、33年連続で合格者数1位を取っている実績があります。

長年の学習環境や会計士OBの多さが次の会計士誕生を後押ししており、今や公認会計士になりたいがために、敢えて慶應義塾大学を志望する人もいるのではないでしょうか。

ちなみに公認会計士試験だけでなく、司法試験や国家総合職と言ったプラチナ資格と呼ばれる難関国家資格に強いのが特徴です。

では、33年前の1位はどの大学かというと、3位の中央大学になります。

中央大学は「法科の中央」と昔から呼ばれるくらい司法試験に強いことで有名ですが、公認会計士試験も2017年は2位を誇っています。

通称「炎の塔」と呼ばれる難関試験を目指す学生専用の教育施設となっており、公認会計士を目指す多くの学生が利用しています。

多くの受験生は公認会計士専門学校とのダブルスクールで合格を目指していますが、中央大学の学生は経理研究所に在籍し、学内の対策講座で多くの合格者を輩出しているのが特徴です。

公認会計士の数も東京が圧倒的No.1

公認会計士の数は全国に28,293名(2016年)いますが、最も多いのはやはり東京で15,987名となっています。

2位の大阪でも3,174名しかいないので、東京がどれだけ多いかは理解できます。

これは、やはり上場企業数が圧倒的に東京が多く、それに比例する形で公認会計士も東京に集中している状況です。

したがって、公認会計士の数が多い東京は競争が激しいという訳ではなく、それだけ雇用もあるということです。

公認会計士の数が多いことはそれだけ活躍の場があり、キャリア形成の環境や選択肢においても他の地域より恵まれている証です。

公認会計士試験合格後に東京に出てきて就職する人も多く、それなら学習段階から東京を拠点で学ぶの1つの方法です。

というのも、公認会計士専門学校では定期的に監査法人見学ツアーや説明会などのイベントを定期的に開催しているからです。

情報をいち早く入手できるのはもちろんのこと、実際に監査法人へ足を運んだり現役の公認会計士から話を聞くことで学習のモチベーションアップにもつながります。

公認会計士の採用状況

近年は公認会計士試験に合格できれば4大監査法人にいずれかに就職できるような状態で、過去の就職難とは無縁の時代と言えます。

公認会計士試験の合格者数を絞ったのも原因ですが、監査法人も大量合格時代やリーマンショックが重なり人員を大きく削減した背景があります。

その後、アベノミクスと呼ばれる景気回復により企業の業績が回復していったことで被監査案件も増え、今度は監査法人の人材が足りなくなっているのです。

この状況は東京オリンピックまでは市場の期待感が高いため、採用状況も良好な状態が継続されていると予測されていますが、監査法人では監査補助の動員、AI活用などにより業務効率化に努めているため、いつまで今の状況が続くは分かりません。

一番の方法は、売り手市場である今のうちに公認会計士試験に合格してしまうことです。

公認会計士になるためにかかる費用

               
専門学校の学費 筆記試験対策70万円~200万円
修了考査対策 15万円
受験料 筆記試験19,500円
修了考査28,000円

公認会計士専門学校の学費は、全日制か社会人講座かの授業時間数や学校によっても大きく異なりますが、およそ70万円から200万円ほどかかります。

公認会計士試験の難易度は非常に高いので、学費の安さよりも合格できる環境にこだわりましょう。

また、筆記試験合格後に実務経験と研修を積んで最後に臨む修了考査は合格率70%程度で推移しているので、専門学校や予備校で講座を受講する人も少なりません。

修了考査の講座で有名なTACと大原では150,000円ほどで開講されており、合格するまでには高額な費用がかかりがちな資格となっています。

なお、監査法人によっては、修了考査の受験料や予備校の学費を負担してサポートしてくれるケースもあるようです。

公認会計士専門学校一覧

   
学校名 TAC
特徴 公認会計士試験と言えばTACと言われるほど実績豊富な大手■予備校で、講師はみんな試験合格者。
設置校舎 水道橋、新宿、早稲田、渋谷、池袋、八重洲、立川、中大駅前、町田
詳細 詳細 公式HP 公式HP
   
学校名 大原学園
特徴 大原は、全日制の公認会計士専門学校から社会人向けの講座まで幅広く網羅。税理士試験対策が有名で会計士資格に強い。
設置校舎 東京水道橋校、池袋校、早稲田校、新宿校、町田校、立川校
詳細 詳細 公式HP 公式HP
   
学校名 LEC東京リーガルマインド
特徴 資格予備校大手で、受講料が安く、短答式試験に特化した講座が特色で、スマホで授業を受けることができるなど通信講座も充実しています。
設置校舎 水道橋本校、池袋本校、新宿エルタワー本校、早稲田本校、渋谷駅前本校、立川本校、中野本校、町田本校、新橋本校、東京八重洲口校、日本橋校、新宿三丁目駅前校
詳細 詳細 公式HP 公式HP
   
学校名 東京CPA会計学院
特徴 歴史ある公認会計士専門学校で少人数指導により丁寧に教えてくれます。そのためか合格率が高いことで有名です。
設置校舎 東京本校(中野)、水道橋校、早稲田校
詳細 詳細 公式HP 公式HP
   
学校名 東京IT会計専門学校
特徴 高校卒業生を対象とした専門学校で、様々な学費支援制度があり、入学をサポートしています。
設置校舎 錦糸町
詳細 詳細 公式HP 公式HP
   
学校名 クレアール
特徴 独自の指導方針である非常識合格法が有名で、合格することに絞った薄いテキストとスピーチにより効率的に学習できます。
設置校舎 本館(水道橋)
詳細 詳細 公式HP 公式HP
   
学校名 ICOライセンススクール
特徴 徹底した少人数制で、一人一人適した学習計画をたて、講師との距離感も近く質問しやすい環境が整っています。
設置校舎 千代田区西神田
詳細 詳細 公式HP 公式HP

<<広告・PR欄>>

クレアール

クレアールの公式ホームページです。
http://www.crear-ac.co.jp/

資格の学校TAC

資格の学校TACの公式ホームページです。
http://www.tac-school.co.jp/

大原学園

大原学園の公式サイトです。
http://www.o-hara.ac.jp/

ページトップへ戻る

相互リンク | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | お問い合わせ

Copyright (C) 公認会計士攻略ガイド※適切な予備校選び・試験対策で最短合格を実現 All Rights Reserved.