公認会計士試験と教材

公認会計士攻略ガイド※適切な予備校選び・試験対策で最短合格を実現

公認会計士試験向けの市販教材や参考書は網羅不足なので対策講座の受講が一番です。

公認会計士TOP >  公認会計士試験と教材

公認会計士試験向け市販教材は網羅不足

公認会計士の教材

公認会計士試験は難易度が非常に高く、専門学校や資格予備校で対策して合格する流れが一般的のため市販の教材はあまり充実していないです。

大手資格予備校などが演習問題や過去問などのテキスト教材を販売していますが、試験範囲を全部網羅した参考書は見当たりません。

それほど公認会計士試験の出題科目は多く、各々の出題範囲が広範囲に渡っている証拠でもあります。

また、簿記検定と異なり資格勉強に励む受験者数も少ないため、出版社側としても公認会計士の教材を出版するメリットが乏しいのも現実です。

実際、インターネットで参考書を検索しても勉強法や問題集ばかり見つかると思います。

上級生でも市販の教材はあまり利用しない

では、公認会計士試験の勉強を一通り終わらせてそれなりに知識がある人や短答式試験合格者で論文式を不合格になった人ならどうでしょうか。

テキスト教材は、以前使っていたものがあり、初学者ではないためある程度全ての科目において理解しているからです。

インプットは既に終わっているため、市販のテキスト教材を利用してアプトプットに重きを置くことで得点力を伸ばしていく方法です。

しかし、やはり多くの人は公認会計士専門学校が設置する上級コースを受講して再び対策しています。

自習室が無料で利用できたり、受験仲間と切磋琢磨できる環境があるなど学校で学んだほうがメリットは大きいからです。

また、税理士試験と違って公認会計士試験の科目合格の猶予期間は2年間しかないので、より合格の可能性を高めるためにテキスト教材を解くだけの独学は選びません。

上級コースを受講する金銭的余裕がないという人は、市販のテキスト教材を利用するくらいなら公認会計士専門学校や予備校の模擬試験が受講できる「答練パック」を活用するほうが効果的です。

さらに、TACなどは奨学生試験を複数回実施しており、成績によって受講料が割引されるため積極的に挑戦してみる価値があります。

古い教材の使用はオススメしない

公認会計士試験が不合格だった人は上級コースを再度受講すると述べましたが、古い教材はあまり使用することはおすすめしません。

というのも公認会計士試験は毎年制度改正が実施され、それに対応した対策を新たに行う必要があります。

制度改正が実施された改正論点は出題される可能性が非常に高いため、重点的に勉強していく必要があります。

試験年度に対応した教材であれば、改正論点にも対応しているので安心ですが、古い教材だと未対応の状態です。

自分でネット等を駆使して情報収集することは可能ですが、全てを網羅して理解していくことは非常に困難です。

そのこともあって、よく公認会計士専門学校の過去のテキスト教材がネットオークションなどで出品されたりします(最近ではamazonやメルカリなどでも売っています)が、最新情報が含まれていないのでおすすめしません。

改正論点に対応した最新の教材・書籍を使って学習することが一番効果的であり、合格への近道となります。

答案添削の重要性

答案添削の重要性

公認会計士試験はマーク方式の短答式試験と記述方式の論文式試験の2種類で構成されています。

マーク式は知識や解法テクニックを覚えていれば対応できるので、個人で演習問題を繰り返し行うことで合格することは可能です。

しかし、論文式試験は、文章で答案を作成する必要があるため、自分が書けたと思っても得点に結びつかないことが多々あります

これはテキスト教材をただ解くのではなく、訓練するしか方法はなく、講師などプロに添削してもらいながら得点に結びつく答案作成能力を磨いていく必要があります。

公認会計士専門学校では、答練と呼ばれる模試のような実践的なテストが頻繁に実施されている所以はここにあります。

教材だけでなく、講師に自分の答案をどう改善すれば得点に結びつくか質問できるのも公認会計士専門学校で学ぶ強みでもあります。

経済的に厳しく独学しか選択肢がない人は、最低限答練パックを申し込んで論文式対策に備えてください。

答練パックとは

答練パックとは、アプトプットに特化された講義がなく論文答練や全国公開模試が受講できる教材コースです。

講義を受講しない分学費は割安になっており、大手の公認会計士専門学校でも30万円程度で受講することが可能です。

ただし、講義が含まれる本科生と比較するとその差は10万円ほどなので、高いか安いかは個人によって感じ方は異なってくるかと思います。

もちろん答練パックの受講生でも校内の自習室が使用できるうえ、就職サポートも利用することが可能です。

公認会計士専門学校によって料金や講座内容、各種利用可能なサポートなど異なってくるので詳しく確認することをおすすめします。

TACの上級論文答練パック本科生
論文答練 約50回
アクセス答練 財務会計論14回、管理会計論14回、租税法11回
全国公開模試 論文2回
理論補強答練 財務会計論-理論、監査論、企業法、租税法、経営学
受講料 307,000円

TACの詳細はコチラ>>

クレアール 上級論文合格コース
対象 短答合格者又は免除者で答案練習を中心に対策したい方
論文答練 財務会計論21回、管理会計論13回、監査論7回、企業法7回、租税法10回、選択科目(経営学)23回
講義 財務会計論4回、管理会計論1回、監査論1回、企業法6回、租税法31回、選択科目(経営学)12回
論文式公開模試 1回
受講料 285,000円

クレアールの詳細はコチラ>>

公認会計士試験合格に向けての予備校のすすめ

以上、公認会計士試験を受験する際に関するテキスト教材について説明させて頂きました。

公認会計士"試験"と聞くと、合格するためにはとにかく勉強量だったり学力を高めることに集中すればいいといった考えが浮かんでしまいます。

しかし、環境だったり勉強効率だったりと追求するポイントはたくさんあり、その点予備校は最新の教材テキストを用意しているだけでなく、講師のサポートや学習環境など公認会計士試験に合格するための理想の場所と言えます。

公認会計士試験は難易度が高いだけあり、合格するためには勉強以外のところでも対策を練るのが重要です。

以下にポイントをまとめました。

  • 公認会計士試験は独学ではなく予備校がおすすめ
  • 市販の教材も素晴らしいものが多いが、合格するための情報を網羅的にカバーしている点で、予備校の教材テキストに勝るものはない
  • 中古のテキストは使用しない
  • 答案添削を受けられる教材コースを受講するのがおすすめ

ぜひ参考にして頂いて、効率よく公認会計士試験合格を目指して頂けますと幸いです。

<<広告・PR欄>>

クレアール

クレアールの公式ホームページです。
http://www.crear-ac.co.jp/

資格の学校TAC

資格の学校TACの公式ホームページです。
http://www.tac-school.co.jp/

大原学園

大原学園の公式サイトです。
http://www.o-hara.ac.jp/

ページトップへ戻る

相互リンク | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | お問い合わせ

Copyright (C) 公認会計士攻略ガイド※適切な予備校選び・試験対策で最短合格を実現 All Rights Reserved.