解答速報
解答速報

解答速報

公認会計士試験では解答速報を利用して自己採点を行い、次の対策準備を行うことが重要です。

解答速報の概要

公認会計士試験では、短答式・論文式ともに問題用紙を持って帰ることができるので、問題用紙に解答を書き込めば自己採点ができます。

もっとも論文式試験ではすべてを書き込む時間もないため、実質的には短答式試験が前提となります。

短答式試験の解答速報は1~2日で各資格予備校のホームページに掲載されます。

金融庁は満点の70%を合格基準とするとしているので、前回の合格基準ともに照らし合わせて、判断することになります。

また、2週間程度で座談会や傾向分析も含めた冊子が無料配布されるので、入門生も是非入手して、その内容を一読すべきです。

各資格予備校の解答速報

各資格予備校では、試験の終わりとともに専任講師が模範解答を作成します。

短答式試験では是非の判別がつけやすく、また早期のうち論文式対策に望めるので早いうち自己採点を行ったほうが良いです。

大手予備校であるTAC,大原、LECが比較的早く解答速報を出し、信頼性も高いです。

他にはクレアール、AXL(アクセル)、東京CPA会計学院、ICOライセンススクールなどがあります。

稀に解釈の余地がある難問が出題され、各予備校の解答が割れることもありますので、その時は注意してください。

公認会計士試験の専門サイト「Start Page!」では、各資格予備校のサイトがまとめられているので便利です。

解答速報のリンク先

・公認会計士試験専門サイト「Start Page!」⇒解答速報はこちら

・資格の学校TAC⇒解答速報はこちら

・資格の大原⇒解答速報はこちら

・LEC東京リーガルマインド⇒解答速報はこちら

・クレアール⇒解答速報はこちら

・AXL(アクセル)⇒解答速報はこちら

・東京CPA会計学院⇒解答速報はこちら

・ICOライセンススクール⇒解答速報はこちら