公認会計士試験の仕事内容

公認会計士攻略ガイド※適切な予備校選び・試験対策で最短合格を実現

公認会計士の仕事内容は独占業務である会計監査だけでなく、多岐に渡たります。

公認会計士TOP > 公認会計士試験の仕事内容

監査業務

企業は、一定期間の経営成績等を明らかにするために財務諸表を作成します。

この財務諸表は、株主や銀行、取引先等の利害関係者に提供され、利害関係者はこの財務諸表をもとに企業への様々な判断を下します。

もし、この財務諸表が正しくなければ利害関係者が判断を誤り、社会経済全体に多大な損害を被るおそれがあります。

そのような財務諸表が作成されないように、公認会計士が企業から独立した立場で監査し、適正に作成されたものか意見を表明します。

これが公認会計士の独占業務である監査業務です。

社会経済全体に重大な影響を与えるおそれがあるので、非常に重要な仕事です。

税務業務

税務業務とは、税務書類の作成や税務申告の代理等、税務に関する一般の業務をいいます。

この業務は本来税理士の固有の業務ですが、公認会計士は税理士登録をすることができるので、税務業務も行えます。

独立開業した会計士はこの税務業務に携わっているケースが多いです。

また、公認会計士は監査を通して得た幅広い知識を駆使して税務業務と合わせてサービスを提供することもあります。

その他の業務

公認会計士は会計のエキスパートなので、その知識を使い様々な業務も行います。

例えば、コンサルティング業務、IPO(上場支援業務)、内部統制監査等があります。

コンサルティング業務とは、企業の経営や会計に対して様々な立案、指導、助言等を行うことをいいます。

会計士は監査や会計のみならず、様々な経験を得てきているので企業経営を強力にサポートすることができます。

IPO(上場支援業務)とは、ベンチャー企業などが株式上場を目指す場合に業務上の課題に対して総合的にサポートする業務です。

内部統制監査とは、企業は内部統制(業務の適性を確保する体制)を構築する義務があり、それにもとづき作成された内部統制報告書に偽りがないかを監査することです。

ここにあるのは一例で公認会計士の仕事内容は多岐にわたります。

<<広告・PR欄>>

クレアール

クレアールの公式ホームページです。
http://www.crear-ac.co.jp/

資格の学校TAC

資格の学校TACの公式ホームページです。
http://www.tac-school.co.jp/

大原学園

大原学園の公式サイトです。
http://www.o-hara.ac.jp/

ページトップへ戻る

相互リンク | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | お問い合わせ

Copyright (C) 公認会計士攻略ガイド※適切な予備校選び・試験対策で最短合格を実現 All Rights Reserved.