LEC東京リーガルマインド

公認会計士攻略ガイド※適切な予備校選び・試験対策で最短合格を実現

LEC東京リーガルマインドは他校に比べて授業料が割安なのが魅力の大手資格予備校です。

公認会計士TOP > LEC東京リーガルマインド

LEC東京リーガルマインド

LEC東京リーガルマインド

LEC東京リーガルマインドは、資格予備校としては30年以上の実績があり、司法試験、司法書士などの法律系の資格取得に強く有名でした。

現在は総合資格予備校として全国展開を行っており、約50か所学校があるので地方の受験生にとっては便利がいいです。

2003年の会計プロジェクトチーム発足後、公認会計士試験講座が設けられ、業界では珍しく、短答式試験対策のコースと論文式試験対策のコースが分けてあります。

近年、短答式試験が難化しているので早い段階から短答式に特化することで論文合格までを狙います。

公認会計士試験予備校としては業界3位の大手となります。

LEC東京リーガルマインド

独自の講座体制

公認会計士試験は、近年難化傾向にあり、中でも短答式試験は10%未満の合格率で、短答式試験だけで100人中90人以上は合格できませんでした。

よって、何より短答式試験に合格することが大事になってきて、それに対応した講座を設けたのがLECです。

LECでは初学者の方はまず短答式に特化するカリキュラムが組まれ、短答式に合格した場合には、論文式講座を申し込むことになっています。

早期の段階から短答式に特化することにより、他の予備校よりも合格可能性が高まり、また、その後論文式講座を申し込むことになるので、経費の負担軽減にもつながります。

充実した通信講座とフォローシステム

LECは、全国展開しているので各地に学校があり、地方の受験生にとっては便利ですが、学校へ通えない受験生のために通信講座が充実しています。

大手や中堅の資格予備校もWEBやDVDによる受講形態もありますが、LECではモバイル端末も利用して行われており、どこでも好きな時に授業を聞くことができます。

また、学習フォロー制度が充実しており、インターネットで受講に関する疑問・質問や個別相談が行え、答練・模試等の成績及び採点済み答案も閲覧することができます。

これにより、添削されるまでの期間が縮小され、苦手対策や学習計画の見直しなどが適時に行えます。

資料請求はこちら

LEC東京リーガルマインド詳細

校舎 札幌、仙台、新潟、富山、甲府、長野、水道橋、池袋、新宿エルタワー、新宿西口、早稲田、渋谷駅前、立川、中野、町田、新橋、横浜、日吉、川崎、藤沢、千葉、柏、大宮、水戸、宇都宮、高崎、名古屋駅前、梅田駅前、関大前、天王寺北、難波駅前、堺東、京都駅前、神戸、姫路、岡山、広島、山口、高松、松山、福岡、長崎、熊本、宮崎、鹿児島、那覇
開講コース 短答合格コース、短答・論文合格コース、論文合格コース、短答上級講座、短答ダイジェスト講座、各種答練など
受講スタイル 教室講座、個別WEB講座、通信講座

LEC東京リーガルマインドの口コミ・体験談

当サイトでは、現在LEC東京リーガルマインドの口コミ・体験談を募集しています。受験生に役立つ情報の場として、ぜひご協力お願いいたします。

口コミはこちら

投稿者:ラー油(男性)

LECでは授業の際にレジュメが配布されるのですが、このレジュメが問題を解くために必要な具体的な方法が記載されているので非常にわかりやすかったです。

投稿者:トリンプル(女性)

カリキュラムが短答と論文が分かれているとこらはすごく良かったです。また、LECの教材は細かい部分まで載っているので分からないことが出てきたときは辞書代わりに使えました。

投稿者:パム(女性)

公認会計士がどのような職業なのかはほとんど知らなかったのですが、せっかくなら最難関資格に挑戦したいと思い目指すことに決めました。LECは受講料が安かったし、短答と論文でコースが分かれていたので勉強しやすいかなと感じたのでLECを選びました。

投稿者:ルッピ(女性)

他の予備校より受講料が安かったし、短答と論文でコースが分かれているので学びやすいと思いLECを選びました。教材は、テキストや問題集、答練などですべてにおいて論点を網羅しているのでとても役に立ちました。

投稿者:ベードン(男性)

長期戦にしたくなかったので、短答式試験で一発合格ができそうなLECを選びました。さすが短答式に特化しているだけありLECで勉強していくうちに確かな手応えを感じました。入門講座後の短答特別講座のスケジュールはかなり厳しかったですが、おかげで無事に合格することができました。

投稿者:ととちゃん(女性)

一回目のチャレンジの時は独学でチャレンジしたのですが、やみくもに勉強しただけで結果は不合格となってしまいました。二回目のチャレンジをするにあたって今度は専門の学校を頼ろうと思い、公認会計士の合格実績が高いとLECを選びました。LECのカリキュラムは短答突破と論文突破を分けて考えてあります。他の学校の学習カリキュラムと比べると一見非常識な方針に思えますが、学習を進めていくうちに非常に理にかなっている方法だと分かってきました。なぜなら短答式試験を突破しないと論文式試験を受けることすらできないからです。一回目のチャレンジでやりくもに勉強して失敗している私にはLECの方針は納得できました。

投稿者:サラプ(女性)

周りにLECを受講してる人がほとんどいないので相対評価しにくいしWeb講義で本当にやれるか不安でしたが短答合格パックに興味があったので受講を決めました。講義ではどの科目も合格に必要な知識というところを意識しながら行われてますのでわかりやすいので受講して良かったです。

投稿者:石松(男性)

監査論、企業法の講義は自分的に正直微妙でした。特に監査論がイマイチわかりにくかったですが他の科目の講義は普通に理解できました。

投稿者:カブ(男性)

公認会計士の短答式試験は最初の関門となりますが、かなり難しいので短答式試験のみを絞って狙えるLECがお勧めです。上級講座から受講しても教科書に入門からの内容がわかりやすくまとめられているので不安に感じることなく受講できます。

投稿者:ぴんちゃん(女性)

Web講義を受講してますが、タイムリーに質問ができないところは不便です。ほとんどの講師はわかりやすい講義をされますが、たまに非常に分かりづらい講義をされる講師がいるのでその時は自力で理解する必要がありました。

投稿者:クッポ(女性)

短答式のカリキュラムはかなり魅力でしたが、実際に受講してる生徒が少ないので大丈夫かなと心配でした。それでも短答式を短期で合格することはかなり有利となるので短答式に特化しているLECを選びました。

投稿者:プリンプ(女性)

ネットでの評判があまり良くなかったので迷いましたが残念ながら私の住んでる所には評判がいい大手の予備校がなかったので、LECを受講することにしました。実際に説明を受けたら短答に特化したカリキュラムだし講座の質も良さそうです。受講料も割安なのでここで十分学べそうです。

投稿者:アリエール(女性)

私は、就職活動を終えた大学4年の夏から公認会計士を目指すことを決めたのですが、その時、LECの4ヶ月で短答式合格を目指すコース案内を知りLECに決めました。Web受講が充実しているので短答式と論文式を両立して勉強したことで1年で合格することができました。

投稿者:モンちゃん (男性)

監査論、企業法はLECの中でも人気のある講師の講義を受講したのですが内容的には正直微妙でしたがその他の科目に関しては特に問題なく理解できました。

投稿者:エビてん (男性)

短答式と論文式は必要なスキルが異なるのでLECのカリキュラムは合理的だと思い申し込みました。

投稿者:ねっちゃん (女性)

LECは科目ごとの講師のレベル感は差があるので、科目によっては微妙な講義もありますが、トータル的に見れば悪くないと思います。

投稿者:ミニクロ(男性)

LECは講師の方によって差があるような気がします。とてもわかりやすくためになる講座もあれば、講座内容は面白いけど受験に役に立つかは微妙だと思う講座もあります。費用は他のところに比べると割安なのですが、講師の見極めは重要です。

投稿者:ぶーすけ (男性)

WEB講座はライブ講座と違って色々な講師の受験を受けれるので自分に合う講師を選ぶことができました。自分は基礎固めをしっかりしてくれる講師の方の授業をチョイスして受けました。

投稿者:まっちょん (女性)

LECの一番の魅力は短答と論文の授業が分かれているところだと思います。これは科目によって若干異なりますが、短答と論文は重要なところや出される範囲も全く違うほで、前半は短答だけに特化できるカリキュラムはありがたかったです。

投稿者:ウッシャー (男性)

僕は、12月短答合格を目標にしていたので短答合格パックの講座を申込みました。LECの短答合格パックは、十分なインプットとアウトプットができる講座だと思います。正直、ボリュームが多くて大変でししたし、授業のペースも早いので必死でしたが、これだけやればきっと合格できると信じれるカリキュラムでしたので最後までやり切ることができのだと思います。

投稿者:はるちゃん (女性)

私がLECを選んだ理由は、受講料が他校と比べて安かったからです。リーズナブルなのに教材のクオリティーは高いです。一問一答問題集に至っては反復教材として最高の教材です。理論は的中率が高いので、一問一答問題集だけを完璧に仕上げました。

投稿者:らくーだ (男性)

LECは短答試験対策に定評があると聞いていたので申込みました。最近は短答式試験が難化しているので、短答に特化した講座が充実しているLECでまずは最初の関門突破を目指します。

投稿者:もんじゃ焼き (男性)

自分は働きながらの会計士を目指すことにしたのでWebフォローが充実している予備校を探していた時LECをみつけました。話を聞きに行った時、webフォロー体制と、テキストの質がよかったので、ここでなら受かると思えました。

投稿者:ミラ (女性)

他校と比べて細かい点まで学習する傾向があります。やるに越したことはありませんが、学習量がその分多くなるので効率性は劣ると思います。過去問や模試で出題範囲や傾向を分析し、学習範囲は強弱をつけて進めることで合格できました。

投稿者:ビルシュタイン (男性)

お試しWEB講座があったので、まずはお試しWEB講座を受講しました。WEB講座を受けたことで事前に講座の雰囲気を知ることができたのでLECにしました。

投稿者:コーヒーゼリー (女性)

テキストと答練をキッチリと取り組めば合格する実力は必ず身に付きます。私は通信で勉強していたのですが、忙しい時期にどうしても講義が受けられなかったときもあとから一気に視聴できたので勉強に遅れることなく、自分のペースでできました。

投稿者:まーたん (女性)

全ての科目でいい講師がそろっていると思います。私は、出題形式の変更があってから成績が伸び悩んでいたのですが、授業での先生からレジュメと基準集の読み込みを繰り返しすように言われ取り組んだ結果、本番では高得点が取れました。

投稿者:AKA (女性)

LECを選んだ一番の理由は、LECでは短答と論文に分かれているので1年目短答、2年目論文というふうにターゲットを二つに分けて取り組むことでモチベーション維持がしやすいかなと思ったからです。また、頑張れば1年間で論文式まで合格できる可能性を感じたし、万が一途中で受験を辞めたとしても費用の無駄も最小限で済む点が魅力でした。

投稿者:FIFO (男性)

管理会計については、私は、管理会計がとても苦手な科目で、得点も伸びず科目かなり足を引っ張っていました。LECの管理会計論の講座を受けたおかげで今までは7割も取れなかった得点が、9割ぐらいの得点をとれるようになりました。苦手科目が克服できて本当によかったです。

投稿者:野武士 (男性)

LECの先生方は、優秀な先生ばかりです。会計士合格に向けてのノウハウを熟知されてますので、LECの先生に信じて付いていけば必ず手応えを感じるはずです。

投稿者:猿飛佐助 (男性)

ここの問題集は、間違えたところはテキストで対策できるような構成になっています。過去問も傾向をおさえてあるし、似たような問題がのっているので力試しになりました。

投稿者:ハト時計 (男性)

短答式試験合格に向けて集中できる講座に魅力を感じてLECを選びました。肢がまとめてある問題集は、繰り返し解くことで問題形式にもなれ、似たような問題が実際に本試験でも出題されたので非常に役に立ちました。特に企業法や監査論の暗記科目に有効です。あと、授業料も他の資格予備校と比べると比較的割安です。

投稿者:牛丼 (男性)

僕は、12月短答合格目標の短答合格パックの講座を受けました。この講座は、僕にとって短答試験を受けるにあたって十分なインプットとアウトプットができました。勉強量が多いし、授業のペースが早くて大変な事もありましたが、中身の濃い内容だったので充実した講座でした。

投稿者:ハゼやん(男性)

LECは短期間で短答式試験合格できるための戦略的なカリキュラムなので、教材の量がかなり多く、全てをこなすのは相当大変でした。しかし、短答式試験合格のために必要な内容は全てカリキュラムに盛り込まれており肢別の問題集も非常に役立つので、ちゃんと勉強すれば高得点も実現可能です。

投稿者:ファン太 (男性)

公認会計士を目指すに当たって、短答式試験に合格しないことには論文式試験の受験資格がないので、まずは短答式試験合格するための環境が重要です。LECは、短答式試験と論文式試験を分けて考えてあるシステムなので、まずは短答式試験に集中できる環境がととのっています。受講料も短答式と論文式で分けられているため経済的な面でも助かります。

資料請求はこちら

ページトップへ戻る

相互リンク | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | お問い合わせ

Copyright (C) 公認会計士攻略ガイド※適切な予備校選び・試験対策で最短合格を実現 All Rights Reserved.